ママのコンプレックス|妊娠線は必ず消せる

女性
妊婦

妊娠時の悩み

妊娠線は肌が乾燥気味の人に起こりやすいトラブルなので妊娠が分かったらお腹やその他のボディの乾燥に気を付けながらクリームでケアをしましょう。急激にお腹が大きくなるので大変ですが、無理のない範囲で出来る限り毎日ケアするようにしましょう。

お腹に触れる人

保湿ケアは妊婦専用品で

妊娠線のリスクを高めてしまうのが、乾燥肌です。普段は乾燥肌ではなくても、妊娠中は肌質が変化する人もいるので注意してください。保湿ケアアイテムは妊婦専用の余分なものが配合されていないものがオススメ。一日数回、乾燥をケアしましょう。

妊婦さん

ケアすることが大切です

妊娠すると、お腹などが大きくなることによって妊娠線ができる可能性が高くなります。その対策として重要になるのが、クリームをこまめに塗るということです。クリームは、妊娠初期から塗り始めることと、とにかく保湿をかかさないことによって妊娠線になるのを予防できます。

肌トラブルが起きやすい人

ボディ

三つの特徴を紹介します

妊婦さんを悩ませる妊娠線のトラブルは、多くの人が経験するものです。しかし中には、「他の人と比較して、どうしても妊娠線ができやすい人」も存在しています。トラブルなくお腹の大きな時期を乗り切るため、どんなタイプの人は、より注意する必要があるのでしょうか。妊娠線ができやすい女性の特徴を三つまとめて紹介します。妊娠線ができやすい女性の特徴、一つ目は、急激な体重増加を経験した人です。妊娠中期から後期にかけては、食欲が増す時期。産婦人科で体重のコントロールを指示されることも多いですが、「どうしても苦手」という人もいるのではないでしょうか。急激に体重が増えると、お腹が大きくなるスピードも速くなります。皮膚が伸び、耐えきれなくなる可能性も高いので注意する必要があります。二つ目の特徴は、皮膚が乾燥しやすい人です。乾燥状態の皮膚は、潤い不足でバリア機能が低下している状態です。引っ張られる力に対応するのが難しくなってしまいます。細胞が破壊され、妊娠線ができてしまいます。普段から皮膚が乾燥しやすい人は、念入りなケアを実践する必要があるでしょう。三つ目の特徴は、経産婦であるということです。実は妊娠線のトラブル、初産婦に限って言えば、経験する確率は50%程度です。しかしこれが経産婦になると、確率は80%程度にまで上がってしまいます。「一人目で大丈夫だったから」という自信や、一度伸びたことで大きくなりやすいお腹などが原因として考えられます。二度目以降の妊娠時には、より一層ケアを頑張るのがオススメです。