ママのコンプレックス|妊娠線は必ず消せる

ウエスト

ケアすることが大切です

妊婦さん

クリームが大切です

妊娠線ができる要因として、お腹が大きくなることによってそのスピードに皮膚が追い付かず、裂けることによって線になります。特に、もともと小柄ない人や乾燥肌の人がなりやすいです。対策として、体重管理をしっかりとすることです。徐々に体重が増えていくように調整をすることと、適度な運動をすることも大切です。ある程度筋肉を付けることによって脂肪になるのを防ぐことができます。もちろん、激しい運動はかなり負担になるので、ウォーキングなどを行うことがポイントです。そして、しっかりと肌のケアをすることによってできるだけ妊娠線にしないようにできます。一番大切なのが、こまめにクリーム塗ることです。とにかく保湿をすることで、皮膚が柔らかくなり柔軟に伸びるため裂けるのを防ぐことができます。また、クリーム選びも重要となります。保湿成分が多く配合されているものを選び、妊娠初期から塗り始めることがポイントです。妊娠線ができやすい部分として挙げられるのが、お腹と脇と太ももとおしりなどがあります。この部分は脂肪が多い部分であり、しっかりとケアをしておくことが必要です。妊娠初期であれば朝と晩に一回ずつで大丈夫ですが、妊娠中期から後期にかけてはより多く行うことが重要で六回ほどは塗ることが大切です。また、一回に取る量としては500円玉分くらいにして全体に塗ります。もちろん、お腹など広い部分は多めに塗ることが大切です。そして、気を抜かずに半日塗らないでも妊娠線ができてしまうこともあるので、大変でも忘れないように行うことが大切です。