ママのコンプレックス|妊娠線は必ず消せる

ウエスト

妊娠時の悩み

妊婦

仕組みや原因予防法など

妊娠はおめでたい事ですし赤ちゃんが生まれてくる準備をするのは大変な事も多いですが楽しいものです。そんな妊娠中に起きるトラブルとして多いのが妊娠線のトラブルです。赤ちゃんの成長につれてお腹はどんどん大きくなって、その大きくなったお腹に出来てしまう線の事を妊娠線と呼びます。皮膚というのは表皮、真皮、皮下組織の三層から成り立っていますが、表皮は伸びやすいのに対して、その下の真皮などは急激に大きくなるお腹の皮膚の成長についてゆけず、伸びが悪いことから妊娠線が出来てしまうと言われています。中には胸に出来てしまったり、早い段階から線が出てきてしまう人もいるので、妊娠が分かったら早め早めの対策をとるようにしましょう。妊娠線予防をするには妊娠線専用の化粧品を使う事がおすすめです。皮膚を優しく保護してくれるクリーム状のものが多く、簡単に塗る事が出来るので一番簡単で一番効果的な予防方法とも言われています。自分でお腹の赤ちゃんに話しかけながらクリームを塗るなどするとリラックス効果もあるのでとてもおすすめです。また妊娠した人へ送るギフトとしてもマタニティ用コスメのメーカーの品を贈るのは人気なので人から貰う事もあるでしょう。リラックスできる香りのついているクリームも多いので、ゆったりとした気持ちで香りをかぎながらお腹の赤ちゃんに優しく語り掛けて塗ってみましょう。肌が乾燥していても妊娠線は出てきてしまいやすいので、出来る限り毎日のルーティンの中に取り入れて妊娠線予防をしましょう。